img_1

全日遊連の発表で、2016年11月時点での加盟店が1万を割ったことがわかりました。

「8,000店舗くらいまでは一気に減るだろう」とは言われていましたが、実際に10,000を割ってみるとちょっと考えちゃいますね・・・




減った理由はYahoo!ニュースの記事に書いてある内容で大体合っていると思います。

全国のパチンコ店が遂に一万店舗を割る。止まらない店舗減少の流れ

まとめるとこう。


1.新規ユーザーが増えない

2.金がかかり過ぎる

3.機械が高い



まあそうですよね。

ただ、俺はこの「原因の原因」「広告規制」があると思っていますし、低貸しの普及という自殺行為もデカイと思っています。

低貸しは新規ユーザーの獲得にはほとんど機能しませんが、既存ユーザーの逃げ道としてはとんでもない成果を上げているんです。

低貸しが悪いとは思いません。

もちろん、低貸しユーザーも悪くない。

ただ、無くて良いものだとは思います。


パチンコ・パチスロはカジノと違って一定レートがウリの遊技でしたし、多用なニーズに対してはレートでなく機械の性能で応えるものだと、俺は思います。

色々な性能やゲーム性の台がある。

気軽に打てる台から一撃台。

それぞれをキチンと運用して客を付ける。

客は身の丈に合った台を選んで打つ。

昔はこうだったと思うんです。

「射幸性の高い機械を低レートで打つ」

これは本来、おかしな行動なんです。

おかしいというか、不自然なんですよね。

25セント・1ドル・5ドルから選ぶ。

そういう遊びじゃないんですよ。


コア層が求める一撃出玉と、低設定でも爆発する性能を追求した結果、成功体験までのハードルが鬼のように上がり、ビギナーズラックから入ってくる新規ユーザーを完全排除。

パンクした既存ユーザーはどんどん低貸しに逃げ、売上はどんどん下がる。

逃げ道を作ったおかげで引退者続出。

更にアニメのクオリティアップや、斬新(?)なオモチャの搭載で機械代は上昇。

アニメで引いた客は低貸し一直線の安客。

何がしたいのかサッパリわからんです。


まあでも俺は「人が減らなければそれでいい」と思っているので、ホールが減ることについては「寂しくなるな」程度の感想しかありません。

以前は大手一極化による悪影響を危惧していましたが、結局は大手同士が戦争すれば良いだけの話なんですよ。

競争してくれればそれで良いです。

打ち手からしたら、ホールはどうでもいい。

主役はあくまで機械なんだし。


ただ、人が減るのだけはマズイ。

人が減ると好みが偏る。

ラインナップが偏る。

運用が偏る。

それはダメだ。


何度も何度も何度も何度も言います。

広告規制はホントにクソな規制です。

集客手段が奪われたから変になった。

要らない新台が山ほど出るようになった。

全ての問題がそこ出発ですよ。

みんながみんな、運用上手じゃないんです。


射幸心を煽る表現を禁止してどうなったか。

設定不問の爆裂台が主流になりました。

「設定1でも万枚出る」

こんなアホなフレーズが流行っただけです。

機械の射幸性は逆に上がりました。

ベタピン放置しても動く機械。

爆裂台が良しとされるようになりました。

一回の遊技に使用する金額も上がりました。

そんな機械ばかりになりました。


さあ、これは困った。

困ったから、次は出玉を規制だ。

何やってんだかって感じです。


運用での競争。

一番望ましいのはコレなんです。

「設定通りに動くから夢が無い」

こんなヘンテコなフレーズ聞きたくない。

何のための設定か。

ベタピン放置で動く方が異常なんですよ。


だから早くRTCの設定公開機能入れてノーマルを増やしてください。

作ってるメーカー、あるんでしょ?




1GAMEの応援。

1プッシュでよろしくお願いします。

にほんブログ村 スロットブログへ


【妖回胴中記最新話】


【パチスロ】バジリスク3はクソ台なのかガチで検証してみる|1GAMEてつの妖回胴中記#8