7pixta_20377726_M_compressed-1024x682

お酒(アルコール)はドラッグ。

合法ダウナー系ドラッグです。

お酒好きは薬物愛好家です。


この認識ってありますか?

あまり無いんじゃないでしょうか。

「酔う」はラリると同義です。

でも、お酒は別に悪くないです。

俺も飲みますしね。

合法だから。




お酒は多くの国で合法ドラッグとして、ラリることを正式に許可されています。

もちろんラリった状態での運転等、危険行為については厳しく取り締まられていますが、ラリること自体については許されています。


テレビではジャンジャンお酒のCMやるし、お酒好きが薬物愛好家なんていうイメージ付けは一切されていませんよね。

ドラッグを体が受け付けない人は「下戸」と呼ばれたりして、付き合いが悪いと言われたりもします。

飲み会という名の薬物パーティーで、薬物摂取を無理強いするような場面もよく見かけられ、問題になったりもしています。


ソムリエ
→ ドラッグを選定する人

酒屋さん
→ ドラッグの売人

酒造メーカー
→ ドラッグ製造所

「私、お酒大好き~」
→ 私は薬物愛好家です

「飲み行こうぜ~」
→ 一発キメに行こうぜ


ちょっと言い換えればこうですね。

間違ってないですよ。

表現が違うだけです。


でもいいんです。

悪いことではありません。

合法だから。


全ての線引きはそこなんです。


ここで、ちょっと「アルコール」という名の合法ドラッグについて考えてみましょう。

世界にある物質を、依存性の高い物質順に並べたトップ3がコチラです。


1位 ヘロイン

2位 アルコール

3位 コカイン


イギリス薬物乱用諮問委員会(ACMD)の元会長であるデビッド・ナットさんの研究をソースとしています。


キング・オブ・ドラッグのヘロインに続いて、アルコールは依存性2位なんです。

シャブなんて全然下です。

草なんてもっと下。


でもいいんです。

飲んでいいんですよ。

合法だから。
 

コミュニケーションツールや、お食事のお供としてどうぞご利用ください。

適度であれば、誰も責めません。

国のお墨付き薬物ですから。


次に「社会的に有害な物質」

このランキングはどうなっているのか。


1位 アルコール
(72ポイント)

2位 ヘロイン
(55ポイント)

3位 コカイン
(54ポイント)


こうなっています。

ちなみにタバコは5位。 

トップ3の内訳は依存性ランキングと変わりませんが、社会的有害ランキングではヘロインを抜いてアルコールが1位

これは当たり前の話です。

摂取人口がヘロインより圧倒的に多い。

それだけの話です。


・身体への影響

・仕事や学業への影響

・喧嘩等の暴力事件

・他人への迷惑行為

・飲酒運転による事故

・急性アル中等での死亡

・その他色々


色々あります、アルコールの害。


2012年にアルコールが原因で「死亡した」人は、3百万人オーバーです。

アルコールは人を殺します。

それが平然とコンビニで売られている。

24時間買うことができる。

自販機でも売っている。

でもいいんです。

合法だから。

そう決められているからいいんです。


現に、そこまでアルコールに悪いイメージを持っている人は居ないでしょう。

何なんだよ悪いことばっかり書いてよ。

そう思うんじゃないでしょうか。

大丈夫です。

それが普通な感覚です。

世の中はそうなっています。 


ちなみに他の物質も見てみましょうか。

()内が有害ポイントです。

アルコールは72ポイントね。


タバコ(26)

覚せい剤(23)

MDMA(9)

LSD(7)

マジックマッシュルーム(6)


そういえば昔、キノコ食ってテンパってコンビニ駆け込んだ芸能人居ましたね。

誰だったかな・・・

どうでもいいか。


さて。

散々イヤな書き方をしましたが・・・

間違ったことは言っていないですよ。


俺はアルコールを「味の良いダウナードラッグ」だと捉えているので、普段の生活で飲む時もそのつもりで楽しんでいます。

俺も薬物愛好家の一人です。

今は家庭があるので多く飲みませんが、20代の頃はお酒好きな薬物中毒者でした。


まあ・・・

こんな風に考える俺が異常なのか。

何も考えない人が異常なのか。

多分・・・前者でしょう。

誰もそんなこと考えねえよって。

そんなこと考える方が変だよって。


ただね。

例えばアルコールのテレビCMが禁止されて、テレビでアルコール摂取するシーンが禁止されて、色んなメディアがこの記事みたいにアルコールの危険性ばかりを強調するようになって、酒類を提供するお店に規制が入りまくって、その状態で5年の時間が経過したとしたら・・・

世間のイメージはどうなるでしょうね。


もしかしたら・・・

「アルコールという危険度の高い違法ドラッグを合法にしている警察がおかしい」

こんなトンチンカンな主張をする人が、大増殖するんじゃないでしょうか。

正義は我にありってね。 


どこかで見ましたね。

この現象・・・

ああ、パチンコだ。

タバコもそうだ。


世間がアルコールを薬物扱いし始めた時。

お酒好きな今のアナタはどうします?

どう思います?
 

俺は特に何も変わりません。

ダウナー系ドラッグとして楽しみます。

最近は二日酔いしやすくて困りますが。 


はい。

パチンコ依存症に関連した記事は続きます。


次回:効果的な依存症対策
ブログランキング・にほんブログ村へ

前回までの記事もよろしくです。




1GAMEの応援。

1プッシュでよろしくお願いします。

にほんブログ村 スロットブログへ


【1GAME最新動画】


【パチスロ】シェイク3~そして伝説へ~【SHAKE3】|1GAMEてつの妖回胴中記#9