a748f571.jpg


日曜日にスロ封印して買い物してたら、

本屋に寄ってやたら買っちまった。

衝動買いすごいからやっぱAmazonで買うのが賢いのかな、、、

わかってても平積み気になっちゃうんだよ。


鈴木光司なんて名前久しぶりに聞いたぞ。

煽りを見る限り、今度公開の「貞子3D」の原作みたい。

でも待てよ、さっき文庫のコーナーで貞子3Dのノベライズ見たぞ(笑)

で、エスの発売日見たら一週間経ってない。

見えて来たな。

これ、映画前提で書かされたか、、、


普通ならこんなの絶対買わないとこだけど、

当時のリング、らせん、ループ三部作が好きだったからね。

読書量が足りなかったせいか、

高校生の時分に衝撃を受けた記憶がある。


だから思い出に浸る意味でも1500円払ってハードカバー購入。

文庫しか買わないつもりだったのに、、、


で、買った量が多いから帰宅して即、読書モード突入。


まず、冒頭の一ページで予感が走る。

柏田死刑囚の死刑執行直前のシーンだけど、

一度経験している?

まさかね、、、

で、本編始まって主人公の名前見て唖然。

「安藤孝規」
父親の名前は「安藤満男」

なるほど。

ループの続編なワケか、、、

これ、映画用に書けって言われても、

原作と映画、全然違うからね。

読み進める内にどんどん当時の3部作の人たちの名前が出てくる。

ここに来て冒頭の予感が確信に変わる。

これはホラーにはならない。

やっぱりループの続きなんだと。

短編『ハッピーバースデイ』はループ直後の話だったけど、

これはループ後、20年以上後の話だね。

二見君はなんて頑張り屋さんなんだろうか。


オチまで完全に見えてたから後半は作業だったけど、

ラスト1ページは初代のリングを意識してて上手かったね。


ここからは俺の妄想も含めて感想を書こう。

まず、これは半ば無理矢理書かされている。

ハッキリ言って蛇足。

原作にはあんなクリーチャーな貞子は出ないから、ホラーになりようが無い。

そこを死守した点は評価できる。

ネタバレはしない。

しても3部作読んで無いと意味不明だから。

映画前提で書かされたにしても、

ちゃんと自分が書いた設定に忠実にしてくれて良かった。


ただね、読書量が増えた今となっては気になる点が多々ある。

まず、この人、女性の主観視点を書くのが苦手と見た。

伏線にするための女性のシーンになると、

急に文章が停滞する。

それに比べて、男性同士の謎解きに入って来ると筆が走る走る(笑)


そういえば3部作の時も主観視点は圧倒的に男性が多かった記憶があるね。

女性の部分はアングルを引いてたような気がする。曖昧な記憶だけど、、、

あとは視点が同じ章の中でポンポン飛ぶのはいただけない。

読みにくいよ。


久しぶりにリングワールドに触れたのは面白かったけど、やっぱり蛇足感がすごいから、

★三つが限界かな。


そういえば、映画のリング、

クリーチャー貞子しかしらない層は、

これ読んで理解できるんだろうか。


らせんまで読んでれば話は繋がるけど、

らせんのラストとループのラスト、

同じシーンだけど内面描写が違うからね。


やっぱり全部読んでないと繋がらないか。